データサイエンティスト養成講座利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社プロメーテ(以下、「当社」といいます。)が提供するデータサイエンティスト養成講座(以下、「本講座」といいます。)の利用条件を定めるものです。本講座のユーザーの皆さま(以下、「ユーザー」といいます。)には、本規約に従って本講座をご利用いただきます。

第1条(本規約の適用)

1. 本規約は、ユーザーと当社との間の本講座の利用に関わる一切の関係に適用されるものとし、ユーザーは次条に従って利用登録を申請し、本講座を利用することにより、本規約の内容に同意したものとみなします。

2. 当社は本講座に関し、本規約のほか、本講座のご利用にあたっての個別ルールや規約等、各種の定め(以下、「個別規約」といいます。)をすることがあります。これら個別規約はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

3. 本規約が個別規約の内容と矛盾する場合には、個別規約において特段の定めがない限り、個別規約の規定が優先されるものとします。

2. 個人情報の利用目的

1. 利用登録の希望者本人が、本規約に同意の上、当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって利用登録が完了し、ユーザーIDが発行されます。

2. 当社は、当社の基準に従って登録の可否を審査し、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録をお断りする場合がありますが、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

  1. 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
  2. 本規約に違反したことがある者又はその関係者からの申請であると当社が判断した場合
  3. 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等又はこれらに準じる者をいいます。以下同じ。)に該当する場合、その経営に反社会的勢力が実質的に関与していると認められる場合、反社会的勢力を利用していると認められる場合、反社会的勢力に対して資金等を提供し若しくは便宜を供与するなどの関与をしていると認められる場合、又は、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している場合
  4. その他、当社が利用登録を承認することが相当でないと判断した場合

3. 本講座の受講資格は、ユーザーID1件につき1名のみであり、同一IDで複数名による受講はできません。

4. ユーザーは、登録情報に変更があった場合、変更の内容を当社に遅滞なく通知するものとします。

5. ユーザーとなる本人が未成年の場合、親権者その他の法定代理人の包括的な同意を得ている必要があります。

第3条(本講座の利用)

1. ユーザーは、有効に利用登録が行われ、かつユーザーIDが停止していない期間内に限り、本講座を受講することができます。

2. 本講座を受けるために必要な、各種機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。

第4条(ユーザーID及びパスワードの管理)

1. ユーザーは、自己の責任において、本講座のユーザーID及びパスワードを適切に管理するものとし、これを第三者に利用させ又は貸与、譲渡、名義変更、売買等を行ってはならないものとします。

2. 当社は、登録情報と一致するユーザーIDとパスワードの組み合わせにより本講座が利用された場合には、当該ユーザーIDを付与されたユーザー自身による利用とみなします。この場合、かかる利用により生じた結果及びそれに伴う一切の責任については、当該ユーザーに帰属するものとします。

3. ユーザーID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

4. ユーザーは、ユーザーID又はパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていたりすることが判明した場合は、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。 5. 消費者契約法その他の理由により本項の免責が適用されない場合は、第10条第6項の定めに従うものとします。

第5条(利用料金及び支払方法)

1. ユーザーは、当社が別途定める利用料金(以下、「利用料金」といいます。)を、当社が指定する方法により支払うものとします。

2. ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

3. 当社は、ユーザーが当社に支払った利用料金について、理由の如何を問わず、返還する義務を負いません。

第6条(禁止事項)

ユーザーは、本講座の利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

  1. 法令又は公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. 本講座のコンテンツを録音、録画、ダウンロード、キャプチャー、保存する行為
  4. 当社、又は本講座の利用者その他の第三者の、著作権、特許権、商標権等の知的財産権(以下「知的財産権」といいます。)、プライバシー権、名誉権、その他の権利若しくは利益を侵害する行為(かかる侵害を惹起する行為を含みます)
  5. 本講座に関するソフトウェア、テキスト、ソースコード、画像、動画その他のコンテンツ、オブジェクトに対し、複製、修正、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、翻案する行為
  6. 当社、ユーザー、その他第三者のサーバ又はネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  7. 本講座によって得られた情報を商業的に利用する行為
  8. 本講座を提供するプラットフォームのネットワーク又はシステムに過度な負荷をかける行為、不正アクセスを試みる行為、その他当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  9. ウェブ・クローラー、ボット、その他の方法によって、当社、他のユーザー又は本講座を提供するプラットフォームに関する情報を収集し、又は収集を試みる行為
  10. 本講座を他のウェブサイトのフレームに表示する行為
  11. 不正な目的を持って本講座を利用する行為
  12. 本講座の他のユーザー又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  13. 自身のユーザーIDを用いて、第三者に本講座を受講させる行為又は複数名で本講座を受講する行為
  14. 自ら又は第三者を利用した、暴力的な要求・脅迫的な言動・暴力行為・法的な責任を超えた不当な要求・風説の流布・偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し又は相手方の業務を妨害する行為
  15. 虚偽の情報を故意に登録又は投稿する行為
  16. 第三者のコンテンツを当該第三者の許諾なく投稿する行為
  17. 他のユーザーに成りすます行為
  18. 当社が許諾しない本講座上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為
  19. 面識のない異性との出会いを目的とした行為
  20. その他、当社が不適切と判断する行為

第7条(利用登録の抹消及び利用制限)

1. ユーザーは、当社の定める退会手続により、利用登録を抹消することができます。ただし、当社は、ユーザーによる利用登録の抹消が行われた場合であっても、当社が受領済みの利用料金につき、返還する義務を負いません。

2. 当社は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、当該ユーザーによる投稿を削除し、当該ユーザーのユーザーIDを停止し、又は当該ユーザーの利用登録を抹消することができるものとします。なお、当社は、本項に基づく措置を行った場合であっても、当社が受領済みの利用料金につき、返還する義務を負いません。

  1. 本規約のいずれかの条項(前条に定める禁止事項を含みますが、これに限りません。)に違反した場合
  2. 利用登録の内容に虚偽の事実があると判明した場合
  3. 利用料金等の支払債務の不履行があった場合
  4. 債務超過、無資力、その他支払不能の状態に陥り、又は第三者より差押、仮差押、仮処分、競売、強制執行の申立て又は公租公課の延滞処分を受けたことにより、本講座の利用料金の支払い能力に懸念が生じたと当社が判断した場合
  5. 破産手続又は民事再生手続の申立てを受け又は自らこれを申し立てた場合
  6. 第2条第2項③に該当した場合
  7. 本講座について、最終の利用から6か月以上利用がなく、当社からの連絡に対しても一定期間返答がない場合
  8. その他、当社が本講座の利用を適当でないと判断した場合

3. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

4. 本条の規定は、当社からユーザーに対する損害賠償請求を妨げるものではありません。

5. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。なお、消費者契約法その他の理由により本項の免責が適用されない場合は、第10条第6項の定めに従うものとします。

第8条(本講座の変更・停止等)

1. 当社は、当社の都合により、本講座の内容を変更し又は本講座の提供を終了することができるものとします。本講座の提供を終了する場合、当社はユーザーに対して事前に通知するものとします。

2. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本講座の全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

  1. 本講座にかかるコンピュータシステム、ソフトウェアの保守点検又は更新を行う場合
  2. コンピュータ又は通信回線等が停止した場合
  3. 地震、落雷、火災、停電又は天災などの不可抗力により、本講座の提供が困難となった場合
  4. その他、当社が本講座の提供が困難と判断した場合

3. ユーザーは、本条に基づく本講座の変更、終了、停止又は中断についてあらかじめ同意するものとし、これによりユーザーに生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。なお、消費者契約法その他の理由により本項の免責が適用されない場合は、第10条第6項の定めに従うものとします。

第9条 (権利帰属)

1. 本講座に関する知的財産権は、全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本講座の利用登録は、これらの知的財産権の使用許諾その他の権利の設定を意味するものではありません。

2. 本講座又はこれに付随する当社サービスにおいて、ユーザーが投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータについては、当社において、無償で、期間制限なく、自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)できるものとします。

第10条(保証の否認及び免責に関する事項)

1. 当社は、本講座及び本講座提供のためのインフラ、システム等に事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

2. 本講座の利用は、ユーザーの判断及び責任において行われるものとし、当社は、本講座の最新性・完全性・正確性・有用性・安全性等につき如何なる保証も行うものではありません。

3. ユーザーは、本講座を利用することが、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本講座の利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。

4. 本講座には、当社が所有又は管理していない第三者のウェブサイト又はサービスへのリンク、求人情報その他の情報等(以下「外部情報」といいます。)が含まれる場合があります。ユーザーがこれらの外部情報にアクセスする場合、当社は、これらの外部情報が保有するリスクに対して責任を負いません。ユーザーは、自身の注意に基づき、外部情報を利用するようにしてください。

5. 当社は、本講座に起因してユーザーに生じたあらゆる損害、又はユーザーと他のユーザー若しくは第三者との間において生じた取引、連絡又は紛争等について一切の責任を負いません。なお、消費者契約法その他の理由により本項の免責が適用されない場合は、本条第6項の定めに従うものとします。

6. 当社は、本規約中の免責規定に拘わらず、本講座に関連してユーザーに対して損害賠償責任を負うこととなる場合であっても、その賠償の範囲には、間接損害、特別損害、逸失利益に関する損害については含まれないものとします。また、当社の賠償額は、当社が当該ユーザーから、かかる損害発生の時点から過去12ヶ月間に受領した利用料金の総額を上限とします。

第11条(ユーザーによる損害賠償)

ユーザーは、本講座に関連して、自らの責に帰すべき事由により、当社又は第三者に損害を与えた場合には、その一切の損害(逸失利益、弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。

第12条(本規約の変更)

1. 当社は、以下の場合に、当社の裁量により、本規約を変更することができます。

  1. 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合する場合
  2. 本規約の変更が、契約目的に反さず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものである場合

2. 当社は、前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の2週間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を本社サイトに掲示します。

3. 変更後の本規約の効力発生日以降にユーザーが本講座を利用したときは、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第13条(個人情報の取扱い)

1. 当社は、本講座の利用によって取得する個人情報については、当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

2. 当社は、前項に定めるほか、ユーザーから取得した情報を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量により利用又は公開する場合があります。

第14条 (秘密保持)

1. ユーザーは、本講座の利用を通じて知り得た当社の営業秘密を、本契約の有効期間中及び本契約終了後も厳に秘密として保持し、当社の書面による事前の承諾なしに第三者に開示、提供、漏洩し、また本契約の履行以外の目的に使用してはならないものとします。ただし、法令上の強制力を伴う開示請求が公的機関よりなされた場合は、その請求に応じる限りにおいて、開示者への速やかな通知を行うことを条件として開示することができるものとします。

2. 前項の規定にかかわらず、次の各号の一に該当する情報は、秘密情報に当たらないものとします。

  1. 開示の時点で既にユーザーが保有していた情報
  2. 秘密情報によらずユーザーが独自に生成した情報
  3. 開示の時点で公知の情報
  4. 開示後にユーザーの責に帰すべき事由によらずに公知となった情報

第15条(通知又は連絡)

ユーザーと当社との間の通知又は連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。当社は、ユーザーから、当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知又は連絡を行い、これらは、発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

第16条(権利義務の譲渡の禁止)

1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約により生じる権利及び義務又は本規約上の当事者たる地位について、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2. 当社は、本講座に係る事業を他社に譲渡した場合(会社法に基づく事業譲渡に限らず、方式を問わず、事業が移転する一切の場合を含みます。)には、当該事業譲渡に伴い、本契約により生じる権利並びに義務又は本契約上の当事者たる地位、並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につきあらかじめ同意したものとします。

第17条(情報の抹消)

1. 当社は、本講座を提供するために必要な期間が経過したと判断した場合、当社が保有するサーバ上に蓄積されている、ユーザーと当社とのやり取りに関する情報、ユーザーの登録情報等を抹消することがあります。

2. ユーザーは、前項に基づいて情報が抹消される場合があることについてあらかじめ同意し、かかる抹消によって自己に損害が発生しないために必要な措置を、自己の責任と費用負担において講じるものとします。

第18条 (存続規定)

第4条(ユーザーID及びパスワードの管理)、第5条(利用料金及び支払方法)、第7条(利用登録の抹消及び利用制限)、第8条(本講座の変更・停止等)、第9条(権利帰属)、第10条(保証の否認及び免責に関する事項)、第11条(ユーザーによる損害賠償)、第13条(個人情報の取扱い)、第14条(秘密保持)、第19条(準拠法・裁判管轄)の規定は、利用登録の抹消後も有効に存続するものとします。

第19条(準拠法・裁判管轄)

本契約の準拠法は日本法とし、本契約に起因し又は関連する一切の紛争については、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則 2020年9月1日 制定